homeカレンダー表示
Google上のノートの修復

RainbowNoteが起動に失敗するときは?

ファイルサイズがとても大きな書類をGoogleから読み込んだ場合や、ひとつのノート内に多数の画像が張り込まれたノートを開くと、RainbowNoteがメモリー不足で強制終了する場合があります。

RainbowNoteは、起動時に前回終了時の画面を復元します。大きなノートを最後に開いた状態で強制終了すると、次回起動時もメモリー不足で開けないことがあります。

OSの設定を開く

その場合は、iPhoneのホーム画面から「設定」を開き、「RainbowNote」をタップしてください。

閲覧状態のリセット

RainbowNoteの設定画面が開くので、「閲覧状態のリセット」をオンにしてください。すると、前回終了時の状態がリセットされ、ノート一覧画面に戻るので、通常どおり起動できるようになります。

OSアップデート後にアプリが起動しないときは

まれに、iPhone OSをアップグレードした直後に、それまで動いていたアプリが起動しなくなることがあります。その場合は、iPhone/iPod touchでAppStoreを開き、無料アプリをひとつダウンロードすると、ライセンスの再認証が行われて直るようです。

この記事は役に立ちましたか?

◀ カレンダー表示 home Google上のノートの修復 ▶